「尊厳死の法制化を認めない市民の会」発足集会、 無事終了しました。

8月27日、東京・グランドヒル市ヶ谷にて行われました「尊厳死の法制化を認めない市民の会」が無事終了いたしました。

多くの方々にお集まりいただき、呼びかけ人はじめ、その日に参加くださった方々からも、様々な問題提起をいただきました。
詳細とUSTREAMのアーカイブは、後日掲載させていただきます。

お集りいただきました方々、またUSTREAMなどでのご視聴、そして、この会の趣旨にご賛同くださった方々、ご興味いただきました多くのみなさまに、厚く御礼申し上げます。

今後とも、この会にご支援・お力添えを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
 
 

「尊厳死の法制化を認めない市民の会」

9月7日(金)ラジオデイズ「ラジオの街で逢いましょう」

☆9月7日(金) 12:00〜13:10
ラジオデイズ「ラジオの街で逢いましょう」
「なぜ我々は尊厳死法制化に反対するのか」
出演:平川克美・川口有美子

USTREAM放送でお聴きいただけます。
http://www.ustream.tv/channel/radiodays-jp

一部音声コンテンツは、ラジオデイズ・サイトにて
http://www.radiodays.jp/

「尊厳死の法制化を認めない市民の会」発足集会

 現在、尊厳死議連による議員立法で、「尊厳死法案」が国会に上程されようとしています。
 この法案は、人間の個人的な「死」に関して国家が介入するという政治的なものです。過去にも何度も同じような動きがありましたが、その都度関係者や文化人による反対の運動によって阻止されてきました。この度も、法制化の動きは増大する医療費の圧縮や臓器移植への期待などを背景にして活発になってきております。
 わたしたちは、本来の意味での「死の尊厳」を守るためにこれを阻止しなければならないと考えております。この会は、代表の存在しない個人の集まりであり、尊厳死に対する考え方も様々ですが、個別的であり、多様でもあるひとの死の決定に国家が関与することには断固として反対いたします。
 趣旨に賛同いただける皆様と連帯して、尊厳死の法制化を阻止していきたいと思います。
 ついては、「尊厳死法案化を認めない市民の会」発足に際し、急ではございますが、ご賛同者の皆様にお集まりいただき、会を催したく存じます。
ご多忙とは存じますが、なにとぞご参集賜りますよう、
心よりお願い申し上げます。

呼びかけ人
平川克美(経営者・文筆家)
中西正司(DPI日本会議理事)
川口有美子(難病患者会)

 
日時 2012年8月27日(月) 18:30〜20:50 (開場18:15)
場所 グランドヒル市ヶ谷 瑠璃の間
   (JR市ヶ谷駅、東京メトロ有楽町線・南北線6番、7番出口、都営新宿線4番出口
   よりそれぞれ徒歩3分)
   http://www.ghi.gr.jp/wedding/banquet/index.html

資料代として500円頂戴いたします

お問い合わせは、こちらまで

当日は、会発足の経緯や法案の問題点、ご賛同者のお話やマスコミの方々との質疑応答などを予定しております。

*参加予定のご賛同の方々

釈徹宗(浄土真宗僧侶) 芹沢一也(シノドス代表) 
橋本操(ALS患者) 小田嶋隆(コラムニスト) 大野更紗(作家)  他

公式サイト http://mitomenai.org/
Facebook  http://www.facebook.com/mitomenai
Twitter  https://twitter.com/mitomenai_org